パチスロ規制2016

パチスロの規制情報です。

2016年も12月に入り、1日から旧基準スペック対象の自主規制が始まりました。

自主的にはなりますが、いよいよ本格的にホールから旧基準がなくなりつつあります。

新基準である5.9号機移行についての記事はこちらからどうぞ↓
◎参考記事5.9号機に2017年10月移行する見通し/3000枚リミッター/ART設定差廃止/ART滞在70%遵守など

今後は新基準メインのホールも増えてくるかと思います。

詳しい規制内容を見ていきましょう。

-----sponsored link-----

旧基準機 12月1日から50%以下に減台

新基準に該当しないパチスロ機の設置比率引き下げをめぐる最初の基準日が12月1日に迫る中、全日遊連の阿部理事長は、全体的に目標の50%以下をクリアしているものの、店舗によって依然として50%を超えているところがあると指摘。不公平感を払拭するための対応策を検討していく考えを強調した。11月17日に開かれた業界誌との定例会見で報告した。

全日遊連ではのめり込み防止の観点から新基準に該当しないパチスロ機の設置比率を段階的に引き下げていく自主規制を昨年10月に策定。2016年12月1日までに50%以下、2017年12月1日までに30%以下に数値目標を設定し、その実現に向けメーカー団体や販社団体も参画する形で「業界6団体合意」が成立していた。

一方、検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ機の回収・撤去状況について阿部理事長は、「10月末現在で22万3,000台くらいが残っている。それに対して日工組からは約97%について入替契約ができているとの説明を受けている」と報告した。

http://www.web-greenbelt.jp/news/detail.php?n=00009122

現在、ほとんどのホールで新基準機と旧基準機が混在している状況かと思います。

アナザーゴッドハーデス、ミリオンゴッド-神々の凱旋-、バジリスク絆、北斗の拳-転生の章-、まどかマギカ…などなど

まだまだ旧基準でホールのメインとして活躍している機種はありますからね。

それによく旧基準機を新台入れ替えで扱うホールもあるので、ホール的にも需要があると見越したことでしょう。

経費の兼ね合いもありますがw

そんなこんなで店舗によっては旧基準50%を超える設置率のお店が多く存在するんだと思います。

この流れを抑え込むのが12月1日から始まる自主規制になりますね。

2017年12月1日までには30%以下を目標としているようなので、この流れが改善されなかったら強制的な撤去も有りうるかもしれません。。。

個人的にはまだまだお世話になっている旧基準機があるので寂しい気持ちはありますが…決まったことなのでしょうがないですね笑